LHD

Home > Q&A> Q&A2008

Q&A <2008年>

Q初めまして、住宅建築をしているものです。住宅では、住居時のときにエネルギーを多く使うのでなるべく少ないエネルギーで、家全体を賄う事が求められています。

今は、エコキュート+エアコンの需要がありますが、これからは、燃料電池、そして核融合とくるのでしょうか 実用化はいつごろの予定ですか教えてくださいよろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。未来のエネルギー問題の解決には、エネルギー消費の 抑制と安定したエネルギー供給源の確保が必要であり、エコキュートやエアコンなど による住宅でのエネルギー消費の節約に努力されていることは大変素晴らしいことだ と思います。ご質問の燃料電池と核融合は後者のエネルギー供給を担うものでありま す。燃料電池は燃料に大量の水素を必要とし、その水素を作るためにはエネルギーを> 必要としますので、その用途は限られています。一方、核融合は海水から取れるわず かな原料から大量のエネルギーが得られるため、大規模な基幹エネルギー供給源となることが可能です。当研究所で現在行っている大型ヘリカル装置(LHD)での実験 成果、そして国際熱核融合実験炉ITER(現在フランスで建設中)における実際に核 融合反応をおこす実験の成果を基に、約30年後には核融合による発電が実現できるものと考えております。
2008年11月17日

Home > Q&A> Q&A2008

Q&A

皆様からのご質問と回答

環境監視情報

重水素実験情報公開

e-mail情報配信登録

登録された方に核融合科学研究所の情報をメールにて提供します。

重水素実験について

市民説明会について