LHD

Home > Q&A> Q&A2009

Q&A <2009年>

Q重水素、三重水素の核融合反応後の質量について
重水素、三重水素が核融合反応をし、ヘリュームと中性子になるとき、質量が核融合反応前より軽くなる。とありますが、どうして軽くなるのでしょうか? 何かの素粒子が失われるのでしょうか?

重水素と三重水素が核融合反応によりヘリウムと中性子に変わるとき、反応後に質量の合計が反応前に比べて軽くなりますが、それは何らかの素粒子が失われる ためではありません。アインシュタインの相対性理論では質量とエネルギーは等価であることが示されています。じつは重水素と三重水素の核融合反応により生成されるヘリウムと中性子は高速で運動しています。減った質量分は、このヘリウムと中性子の運動エネルギーに変わっているのです。
2009年9月18日

Home > Q&A> Q&A2009

Q&A

皆様からのご質問と回答

環境監視情報

重水素実験情報公開

e-mail情報配信登録

登録された方に核融合科学研究所の情報をメールにて提供します。

重水素実験について

市民説明会について